変形性膝関節症のリハビリ方法

 

変形性膝関節症になった場合、リハビリをしっかりと行うことが大切です。リハビリ方法は色々とあります。
変形性膝関節症は、膝の骨にある軟骨がすりへってしまい、クッションがなくなったことで骨同士がぶつかり、関節が変形して痛みを起こす症状です。このリハビリのためには、まず物理療法があります。血行を良くするために、膝をあたためます。病院でも行ってくれますが、温湿布を行い、電気をあてて刺激をあたえます。血行がよくなり、筋肉の緊張がほぐれて痛みが和らぎます。また、リハビリ方法としては運動療法も有効です。

 

太ももや股関節の筋肉を鍛えることで、症状が改善されます。太ももを鍛える運動としては、まずイスに座って背筋を伸ばします。膝をゆっくりとのばし、足をまっすぐにした状態で4秒まち、ゆっくりと下ろします。左右4回から5回行いましょう。その他には、お風呂の中で気軽に出来る運動療法もあります。浴槽に両足裏をつけて、ゆっくりと浴槽を押すように力を入れます。4つ数えて楽にしてを繰り返します。これを30回程度行いましょう。
このように、変形性膝関節症のリハビリ方法は色々なものがあります。自宅で出来るものも多いので、積極的に行うようにしましょう。

 

しじみサプリ

http://xn--68jc1jyi4fket76yg68a.com/